5355円 【おいしい麦茶煮出し用52p×20袋】【九州麦茶】【九州佐賀県産大麦100%】【煮出しでも水出しでもおいしい】九州産麦茶 食品・飲料・お酒 コーヒー・紅茶・お茶・粉末ドリンク 茶葉・粉末ティー 信憑 おいしい麦茶煮出し用52p×20袋 九州麦茶 九州佐賀県産大麦100% 九州産麦茶 煮出しでも水出しでもおいしい 【おいしい麦茶煮出し用52p×20袋】【九州麦茶】【九州佐賀県産大麦100%】【煮出しでも水出しでもおいしい】九州産麦茶,/colocynthin129573.html,5355円,tempology.jp,食品・飲料・お酒 , コーヒー・紅茶・お茶・粉末ドリンク , 茶葉・粉末ティー 5355円 【おいしい麦茶煮出し用52p×20袋】【九州麦茶】【九州佐賀県産大麦100%】【煮出しでも水出しでもおいしい】九州産麦茶 食品・飲料・お酒 コーヒー・紅茶・お茶・粉末ドリンク 茶葉・粉末ティー 信憑 おいしい麦茶煮出し用52p×20袋 九州麦茶 九州佐賀県産大麦100% 九州産麦茶 煮出しでも水出しでもおいしい 【おいしい麦茶煮出し用52p×20袋】【九州麦茶】【九州佐賀県産大麦100%】【煮出しでも水出しでもおいしい】九州産麦茶,/colocynthin129573.html,5355円,tempology.jp,食品・飲料・お酒 , コーヒー・紅茶・お茶・粉末ドリンク , 茶葉・粉末ティー

信憑 おいしい麦茶煮出し用52p×20袋 九州麦茶 九州佐賀県産大麦100% 九州産麦茶 ※ラッピング ※ 煮出しでも水出しでもおいしい

【おいしい麦茶煮出し用52p×20袋】【九州麦茶】【九州佐賀県産大麦100%】【煮出しでも水出しでもおいしい】九州産麦茶

5355円

【おいしい麦茶煮出し用52p×20袋】【九州麦茶】【九州佐賀県産大麦100%】【煮出しでも水出しでもおいしい】九州産麦茶

商品の説明

商品の説明

こだわり続けて40年佐賀県産大麦100%使用佐賀県産大麦のみを使い麦茶を作り続けた40年の実績本品の特徴本品は、日本有数の麦作県でもある佐賀県産の良質大麦を100%使用し、産地の近くに立地した工場で製造した「純国産麦茶」です。「おいし麦茶」にこだわり、当社独自の製法で時間をかけて麦の芯までじっくり煎り上げ、急速冷却後、ティーバッグに致しました。水出しでも十分な「味」、「香り」が出るように仕上げております。すっきりとしたのどごし、さわやかな味と香りのおいしい麦茶を皆様でお楽しみください。濾過紙は、人・自然にやさしい無漂白ペーパーを使用しました。お召し上がり方水出しの場合ティーバッグ1袋を入れてください。約1リットルの水を入れ冷蔵庫等で冷やしてください。しばらくして容器を軽く振ってください。約1時間ほどでさわやかな香りの麦茶ができあがります。煮出しの場合約1.5リットルのお湯の中へティーバッグを1袋入れ3分間ほど弱火で煮出してください。荒ざましをした後、ティーバッグを取り出し、冷蔵庫等で冷やしてお召し上がりください。※熱湯を使いますので、火傷には十分お気をつけください。麦茶の濃さは水量・浸漬時間で調節してください。名称麦茶ティーバッグ内容量10g52袋20袋原材料大麦(佐賀県産大麦100%)原産地佐賀県他県のものはブレンドしていません。賞味期限製造日から2年保存方法高温、多湿を避け冷暗所(適温5度~10度)に保存してください。開封後は早めにお召し上がり移り香にご意ください。製造者三栄興産株式会社佐賀県東松浦郡相知町相知2635番地1

原材料・成分

大麦(佐賀県産大麦100%) 平成28年度産のものを使用しています。

【おいしい麦茶煮出し用52p×20袋】【九州麦茶】【九州佐賀県産大麦100%】【煮出しでも水出しでもおいしい】九州産麦茶

無表情な曇空がどこまでもつづく日曜の午後。15時40分、二階建ての小さな建物を改装したそのギャラリーに辿り着くと、長方形をした小部屋の壁面に「ráɪt」の文字をかたどったネオン管とシンプルな白の掛け時計が設置されていた。
ネオン管はコードでつながれているが灯りが点っておらず、秒針をはずされた掛け時計は少し先の時刻である15時50分を指したまま時が止まっている。照明器具としての機能を停止させた空虚なネオン管と、長針も短針も微動だにせず無用のオブジェと化した時計。1階に設えてあるのはそれぞれ《ráɪt》《15:50》と題されたこれら二つの作品のみで、空間の白さと要素の少なさが静態的な場を演出している。

» すべて読む


 

» すべて読む


» すべて読む


東間嶺『行為と場所の記憶/記憶---〈引込線/放射線〉』展示風景(撮影:東間嶺)

» すべて読む

» すべて読む


 

» すべて読む



東間嶺×吉川陽一郎(&開)オープン・スタジオ・イベント『TORIGOYA』フライヤー表面

» すべて読む


 

» すべて読む

NEW POST
関連本
CATEGORIES
MONTHLY
2013 [+]